[水槽]初めての水槽リセット その① ~準備編~

こんにちは。

しかさぶろうです。

水槽を始めて早1年。

初めてのリセットを行いましたので、レポートいたします。

リセット作業にはトータルで4日かかりましたぁ

正直、思っていたより全然 大変(汗)

けど、楽しかったです!!

今回は既存水槽を終了し、次の水槽の立ち上げ準備までをレポートしたいと思います。

この水槽の立ち上げからの様子をまとめた記事ご覧いただいていない方は、ぜひご覧ください

>>>“45cmスリム水槽(凹構図)リセットから完成までの記事まとめ

本編は▼をご覧ください

スポンサーリンク

リセットのコンセプト

コスパ重視の私としては、リセットもコスパ重視で行きます!!

お魚達は、リセット後も同水槽に住んでもらいますし、

水草たちもできる限り再利用することをコンセプトにしました。

作業① 水草の退避

まずはリセット前の水槽です

最後はトリミングも行っていないので、水草伸び放題ですね(汗

この状態からリセット スタートです。

まずは、流木を水槽から外して、後景草のロタラを切っていきます

↑流木を外した状態。ロタラ伸び放題です

↑ロタラをざっくり切りました!!
5本から少しずつ増やしたロタラでしたが、思い切ってきりました(涙

ザクザク切っていくだけですが、次の水槽で使用しやすいように上下だけはゴチャゴチャにならないように注意です。

次に使いやすいように、ある程度 束にして輪ゴムでまとめておきます。

その束を100均で買ったタッパーに水を張って保管です。

中景草、前景草(アヌビアスクリプトコリネストロギネレペンスキューバパールグラス)は根から優しく抜いて水を張ったタッパーへ。

数日その状態で置いておきますので、乾燥防止のためにサランラップで蓋をします。

こんな感じです。サランラップを輪ゴムで止めて蓋にします。

作業② お魚の退避と排水

水草を全て退避した後は、お魚達(青メダカオトシンクルスネグロミナミヌマエビ)の退避です。

水槽の水を1/3ほどバケツに移し、お魚達は一時的にお引越しです。

最終的に水まで全部抜いた写真が↓です。

(抜いた水はろ材洗浄に使用するので捨てないように注意!!)

この状態で、ミナミヌマエビが二匹見つかったのにはビックリ。

注意深く探していたのですが…

どこに隠れてるんでしょうね…

その後、一生懸命ソイルを書き出した状態が↓です

すっからかんになりました。

ソイルを全部出すのが一番辛い作業だったかもしれません…

もちろんバックスクリーンも再利用しますので、丁寧にバックスクリーンを外して置いておきます

作業③ 水槽とフィルタの洗浄とバックスクリーンの貼り付け

水槽が空になりましたので、お風呂場でシャワーで洗浄です。

(洗剤を使いたくなりましたが グッと我慢。水と激落ちくんで洗浄しました)

フィルタの洗浄は、ろ材を水槽の水で洗い 他は水道水で洗浄です。

消耗品のスポンジフィルターは新品に交換です。

その他、水温計やCO2のディフューザーもコケだらけでしたので、激落ちくんでせっせと掃除。(この辺の作業も地味でしんどい)

これで、リセット 1日目の作業が終了です。

水槽や他の備品を一日乾燥させ、翌日にバックスクリーンをセロテープで張って作業完了。

これで次水槽の立ち上げの準備ができました

黒のバックスクリーンが映えていますね。

初めての立ち上げ時より上手に晴れました v

あ、ちなみにメーカーロゴは見えないように反対にして設置しています。

深い意味はないのですが、目がそこに行って水景の邪魔になるかなと。

まとめ

水槽リセットにあたり、ここまでの作業が辛かったですね(涙

周りは濡れて嫁さんに叱られるし、ソイルで手は汚れまくるし…

何より水景を作る作業じゃないので、楽しくないんですよね。

心折れそうになりました…

それでも、このあとの立ち上げ作業を思って我慢しました。

次回は、水槽の立ち上げの記事を書きますので是非ご覧下さい。

実は、立ち上げのために大事に伐採した水草たちですが、ほとんど使用できない事態になってしまいました。(いろいろあって…)

その辺も含めて記事に書こうと思います。

最初のVer.1.0水槽は、三角構図にしたのですが、Ver.2.0の水槽は凹に挑戦しています。

でわでわ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

▼この水槽のリセットから完成までの記事をまとめました

こちらも是非ご覧ください

>>>“水槽リセットから完成までの記事まとめ

(水草)グリーンロタラ(無農薬)(10本)
charm(チャーム)
成長が早いので、素早く緑の後景カーテンを素早く作りたい場合はこれで決まり!!
(熱帯魚)オトシンネグロ(国産ブリード)(2匹) 北海道航空便要保温
charm(チャーム)
モフモフが可愛いお掃除上手。オトシンクルスより丈夫なので初心者も安心。

コメント

タイトルとURLをコピーしました