[水槽]100均の植木鉢でストック水槽を作りました

こんにちは

しかさぶろうです

 

今日は水草のストック水槽を作ったというお話です。

今回のストック水槽が少し普通と違うのは、植木鉢を使ったということ。

 

Twitterで憧れのアクアリストさんがやっていたので真似をさせていただきました

 

やってみて気づいたのですが、管理がめちゃくちゃ楽ですこれ。

オススメですので、ストック水槽を作ろうとされている方は是非お試し下さい!!

 

 

本編は▼をご覧ください

スポンサーリンク

実は2回目のストック水槽立ち上げです

実は以前にもストック水槽を立ち上げたことがありました。

その時の記事はこちら

[水槽]我家のストック水槽 (総額¥4,659でした)
我家のストック水槽とその費用についてご紹介します

 

この時は、普通にソイルを敷いて立ち上げました

 

ストック水槽としては問題なかったのですが・・・

 

水槽が小さいということもあり、レイアウトっぽい感じもできず・・・

 

水草もあちこちに植えてしまって散乱して・・・

 

なんか綺麗にいかないなぁと思っていました。

 

その後、お気に入りだったライトを息子の しかしろう の勉強机用に奪われてしまい・・・

 

IKEAで1、000円くらいのLEDライトを購入したのですが、光量不足でどんどん枯れていってしまいストック水槽を終了させていました

 

使用している水槽と植木鉢

水槽は、コトブキさんの20cmキューブを使用しています

こちらの水槽です

 

そして、使用している植木鉢はダイソーさんで100円で購入したもの

 

3個で100円の植木鉢を2つ購入しました

 

注:植木鉢の製造工程により生体に悪影響のある素材が使用されていることがあるそうです。

ストック水槽に生体を入れる場合はご注意下さい

 

植木鉢の直径が約8cmです

 

 

これが、まあ水槽にベストフィット。

右上の水作エイトも含めてぴったり収まっています

気持ちいぃ!!

 

 

作成手順について

想像通りかとは思いますが一応作成手順を

 

植木鉢の底の穴からソイルが出て行かないように、こちらもダイソーさんで購入した園芸用のやつを切ってで防止します

 

これを植木鉢の底に敷いてソイルを入れていきます

 

まずは半分くらいまでソイルを入れます

 

なぜ半分かというと、私は吸着系のJUNプラチナソイルを使用しており、肥料のイニシャルスティックを追加するためです

 

その後、ソイルを追加して終了です

 

そして、ソイルを湿らせてから水草を植えていきます

そういえば、この霧吹きも100均で買ったもの

やっぱり100円ショップのコスパは最高ですよね!!

 

普段は水槽の中で水草植えてますが、今回は水槽外で植木鉢に植えていけばいいんです。

これが想像以上に超楽チン!!

 

楽チンすぎて、ついでに溶岩石にモスを巻いてモスボールも作ってみました

 

 

準備が終わったものを水槽に入れて注水です

注水も水槽で行う際はソイルが舞わないように慎重に行なと思いますが、植木鉢を使っていればソイルがないところを狙って注水していけばOK。

 

めちゃくちゃ楽チンでした

 

そしてライトを設置すれば完了

 

ライトは今回購入した、コトブキさんのもの。

20cm水槽にぴったりのサイズですし、赤青LEDもついて明るさもバッチリ!!

寿工芸 フラットLED2032ブラック4W
寿工芸
20cm水槽にあるLEDライトって少ないんですよね。これはオススメ

出来上がった様子

では、できあがった水槽の様子をご覧下さい

 

 

いい感じです!!

 

まとめ

コトブキさんの20cmキューブとダイソーさんの植木鉢でストック水槽を作りました。

コスパ最高な上にサイズぴったりで最強の組み合わせ

 

おすすめです

 

コスパ最高グッズ紹介記事をまとめたページを作りました▼

>>>”[水槽]アクアリウム用 コスパ最高グッズまとめ

 

寿工芸 フラットLED2032ブラック4W
寿工芸
20cm水槽にあるLEDライトって少ないんですよね。これはオススメ
水作 エイトコア S サイズ
水作
安定の定番製品。安いのでひとつ持っていると心強いです
ジュン (JUN) プラチナソイル ノーマル ブラック 8リットル
ジュン (JUN)
吸着系ソイルの代表格。初心者の方はこれを買っておけば間違いなしです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました