60cm水槽立ち上げ記⑥ コトブキ フラットLED WP 600

こんにちは

しかさぶろうです

 

60cm水槽立ち上げ記

今回は照明についてです!!

 

今回使用したのは、ことぶき ”フラットLED WP600”

めちゃくちゃ薄くてスタイリッシュ

 

水槽蓋の内側に設置して使用することも可能という

なんとも攻めた製品です

 

薄くてスタイリッシュなLED照明を探している方にはおすすめです!!

 

水槽の立ち上げ記事をまとめたページを作りました

今後も記事を増やしていきますので、ご興味ある方はぜひ

>>>“3年目アクアリストの水槽立ち上げ記(まとめ)

本編は▼をご覧下さい

 

スポンサーリンク

コトブキ フラットLED WP600について

コトブキ フラットLED WP600の商品説明はこちら▼

スペックなどはこちらでご確認ください

寿工芸 フラットLED WP600
寿工芸
水槽の蓋の裏にも設置できる照明。アイデアが素晴らしいですね。めっちゃ薄いので照明を目立たせたくない方におすすめ

 

コトブキ フラットLED(WPじゃないほうね)も使用していますが、それよりも全然薄いです

▲の写真を見てもらえば分かると思いますが本当に薄い

 

存在を忘れるほどの薄さです

 

もうひとつの特徴は商品名に!!

WPというのは、Water Proof の略のようで

要は防水ですよということ

詳しいことは良く分かりませんが”IPX8規格”の防水らしい

 

防水ということで水没の心配がだいぶ軽減されますね!!

 

薄くて防水にしたことでガラス蓋の内側にも設置できるようになっています

(設置の様子はあとで紹介しますね)

 

ちなみに上から見るとこんな感じです▼

すっきりしていますね!!

 

 

コトブキ フラットLED WP600の明るさは?

この製品は 17W、 1110ルーメンということで 水草水槽では1灯ではちょっと厳しそうです

 

私は2灯で使用しています

1灯と2灯でどれくらいの差があるか、写真でご覧いただこうと思います

 

まずは1灯の写真から▼

 

続いて2灯▼

 

どうですか?

2灯のほうが緑の明るさが綺麗にでていますね

 

2つの写真を並べてみます

左が1灯で右が2灯です

 

水槽蓋の内側に設置してみました

次に フラットLED WP600をガラス蓋の内側に設置してみました

 

こんな感じ▼

どうですか?

水槽の上部に何もないので超すっきり!!

 

いいすね~

水面までの距離も短い(ていうかほぼない)ので明るさも増している感じがします!!

 

上から見るとこんな感じです▼

 

蓋への設置方法ですが

▲のように蓋の下に照明をおいて上から磁石の部品で挟む感じとなっています

 

けっこう強力な磁石なので落ちる心配もなさそうです!!

 

 

しかさぶろうのWP 600の使用方法

蓋に設置するのも超スタイリッシュで良いのですが、私はリフトアップして使用しております

 

理由はメンテナンス性

 

蓋を設置していると、どうもメンテがしにくいので私はリフトアップしています

元々蓋を設置しているかたであれば、蓋に設置するのをおすすめします!!

 

まとめ

コトブキ フラットLED WP600は

超うすくて蓋の内側にも設置できる優れものでした!!

 

水草水槽の場合は2灯をおすすめします!!

 

この水槽の立ち上げまとめ記事

>>>“3年目アクアリストの水槽立ち上げ記(まとめ)

 

<追記>

コトブキ フラットLED WPの1灯をアクアスカイムーンに変更しました

>>>[水槽]照明をコトブキフラットLED WPからアクアスカイムーンに変更しました

 

寿工芸 フラットLED WP600
寿工芸
水槽の蓋の裏にも設置できる照明。アイデアが素晴らしいですね。めっちゃ薄いので照明を目立たせたくない方におすすめ

 

ちなみに今回使用した蓋は▼です。安くて良いです

GLASIA GL-600C/BA-600用ガラスフタ 1枚(幅585x奥行186x厚さ3mm) 【4,980円以上購入で送料無料】 関東当日便

コメント

タイトルとURLをコピーしました