[本] 日本再興戦略 は最高に面白かった★★★★★

こんにちは

しかさぶろうです

 

“現代の魔法使い” こと 落合 陽一さんの「日本再興戦略」を読みましたのでレビューします。

 

結論としては、著者の視点が素晴らしく 面白い本でした。

学生からビジネスマンまで、全ての方にオススメの一冊です

 

 

私がキンドルのハイライトを入れた箇所も79箇所(全254ページ) と圧倒的な量です

(ハイライト率 = 0.31 箇所/ページ

 

評価はもちろん”★★★★★”

今のところ しかさぶろう年間ベスト1 です

 

 

本編は▼をご覧ください

スポンサーリンク

「日本再興戦略」を読んだきっかけ

Twitterでフォローさせて頂いている方が、本書をおすすめされていたのがきっかけです。

 

言葉選びのセンスが抜群な方で、ツィートやブログを尊敬の念を抱きながら拝見しています。

本を読んでいる量もすごいですし。

 

その方が、この本を絶賛しているブログを拝見し、その場でキンドル版をポチってしまいました

 

 

日本再興戦略を10倍楽しむために知っていただきたいこと

本書をより楽しむ前に、知っていただきたいことがあります。

 

それは著者の「落合 陽一」が どういう方かを知ってもらいたいということ。

 

 

この人 天才です

 

科学者であり、アーティストであり 大学教授でもあり、起業家でもある。

それを全て高い次元でこなしているという天才さ。

 

そして、本書で知ったのですが、歴史にも精通しているというヤバさ。

 

そんな天才が日本を再興するために考えている戦略が本書なのです。

 

 

そして、もう一つ注目してもらいたいのは、その天才すぎるライフスタイル。

時間を省略するために、レトルトカレーをストローで飲み、研究中はグミが主食だとか。

 

そんな生活で少しでも研究する時間を捻出しているのに、夜は睡眠時間を削ってゲームをやりまくり・・・。

 

凡人には理解できない

まさに天才です

 

↓の方の記事で情熱大陸の一部が紹介されているので是非チェック下さい

情熱大陸に出た落合陽一、カレーをストローで吸う
若手研究者として注目される落合陽一(開成高校、筑波大学出身)が情熱大陸に出演し、奇妙な食事風景を披露した。

 

 

「日本再興戦略」の魅力は?

本書を通して 落合 陽一さん 独特な表現で語られており、文章に引き込まれていきます。

 

未来の予測的な内容でも、既に見てきたことのように はっきりと断言する。

きっと、ご本人には未来がはっきりと見えているのでしょうね。

 

それを理路整然と語られているので、ものすごい説得力があります。

 

 

内容として一番衝撃的だったのは

少子高齢化は日本にとって大きなチャンス

という主張

 

少子高齢化は大ピンチだと思っていますよね?

だって普通に考えたらそうだし・・・

けど、それって思考停止なんだと気づかせてくれました。

 

天才から見ると、大チャンスなんだそうですよ。

 

 

感銘を受けたフレーズをご紹介

本書の中から、私が感銘を受けたフレーズをいくつかご紹介したいと思います

 

1945年以降の日本は、足並みをそろえ、官僚がトップダウン(* 16) で政策をつくった世界だったので、一個人は自分の考えを明確に持たなくてもいいように道筋が立っていました。しかし今、我々は個人(* 17) の時代を迎えています。日本の取るべきスキームや、個人の能力のスキルセットが大きく転換しようとしているのです。

まずはこんな主張からスタートです。まさに日本再興

 

 

僕の座右の銘は「変わり続けることを変えず、作り続けることをやめない」ですが、最近気に入っているフレーズがあります。「指数関数的成長にとって、全ての点は、いつでも始まったばかりだ」

ザ・天才フレーズ。

大丈夫です。私は半分くらいしか理解できませんでしたが、十分に本書は楽しめます

 

 

僕らは日本をIT鎖国できなかったせいで、中国のようにアリババ(* 43) やテンセントやバイドゥを生むことができませんでした。2000年代の日本は、IT鎖国をした中国をバカにしていてグレートファイアウォール(* 44) と揶揄していましたが、結果として中国のほうが正しかったのです。

目からウロコの発想。

「オープン=良いこと」

と思考停止していた自分が情けない・・・

 

 

近代が「タイムマネジメント」の時代だったとしたら、現代は「ストレスマネジメント」の時代になるはずです。

まさに”ワークアズライフ”な主張

 

 

人口減少と少子高齢化はこれからの日本にとって大チャンスなのです。その理由は3つあります。  ひとつ目は自由化、省人化に対する「打ち壊し運動(*1)」が起きないことです。人が減って、かつ、高齢化で働ける人が減るので、仕事を機械化してもネガティブな圧力がかかりにくい。

私が一番感銘を受けた主張。

少子高齢化についてです。

理由の2つ目、3つ目もご紹介したいところですが、本を読んでご確認下さい!!

 

 

どんな人にオススメか

まずは、これからの日本を 背負って立つ若い世代の方。

学生や若いビジネスマンの方に読んで頂きたいと思いました。

 

また、そういった方たちの上司にあたる中間管理職の世代のかた。

そいういった方に是非読んで頂きたいです。

 

日本を変えるには、その2つの世代が同じ方向を向くのが一番大事だからです

 

 

実は、落合陽一さんの本は以前に

魔法の世紀」を読んだことがあったのですが、

こちらは私には合いませんでした・・・

 

正直言っていることが良くわからなくて、途中で読むのをやめてしまったのです。

 

 

しかし、本著は最初から最後まで楽しく読むことができました。

以前に「魔法の世紀」で落合 陽一さんを敬遠している方にも是非読んで頂きたい一冊です

 

まとめ

天才 落合 陽一 が考える日本再興戦略。

“気づき”を与えてくれる最高に面白い本です。

オススメです。

 

若い方、中間管理職の方、落合 陽一さんに一度挫折した方w

是非ご一読下さい

 

 

 

2018年 しかさぶろう ランキング


2018年に私が読んだ本のランキングです。(読んだ本:6冊)

 

1位:日本再興戦略 ★★★★★

 

2位:LIFE SHIFT ★★★★☆   (レビューはこちら

 

3位:SHOE DOG ★★★★☆ (レビューはこちら

 

4位:男しか行けない場所に女が行ってきました ★★★★☆

 

5位:「疲れない体」は指一本で手に入る ★★★☆☆

 

6位:今日、ホームレスになった ★★☆☆☆

 


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました